歯が欠けた・被せものが取れた!

思わぬ事故によって歯が欠けてしまったり、被せものが取れてしまったりすることがあります。放っておくときちんと咬めないだけでなく、見た目も悪くなってしまいます。また、咬み合わせが悪くなって必要以上の負担が歯にかかることで、別の歯が欠けたり被せものが取れたりと悪循環になることも。そうならないためには、歯科素材で補修する必要があります。

治療法としては、歯科用プラスチックや銀歯で補修するのが一般的ですが、仕上がりは美しいとはいいきれず、長期的な機能回復は望めません。そこでおすすめなのが、審美歯科でご提供している「セラミック治療」です。保険診療ではできないような、本物の歯に近い質感と咬み心地を再現できます。

審美歯科とは?

審美歯科というと、ただ見た目をキレイにするだけの歯科診療と思われがちですが、そうではありません。見た目の美しさに加え、咬み合わせを整えるなど、機能性もきちんと考慮したワンランク上の歯科診療なのです。

セラミックとは?

セラミックとは、透明感があり、天然歯に近い質感を再現できる歯科素材で、審美歯科でもっとも選ばれています。被せものや詰めものに使用することで治療跡が目立たず、自然な仕上がりを実現します。身体にやさしく、金属アレルギーの心配もないことも特長。また、摩耗や変色がないため、メインテナンス次第で長期間使用できます。

保険診療と自費診療の違い

歯科診療は保険診療と自費診療に分かれています。その違いは、使用する素材や技術。一般的な保険診療では使用できる素材や技術が定められているため、詰めものや被せものには「銀歯」が使われています。一方、自費診療ではそのような使用に制限がないため、患者様のご要望に応じた素材や技術を選択できます。なお、審美歯科での自費診療ではおもにセラミックを用いた治療を行っています。

保険診療と自費診療のメリット・デメリット

  保険診療 自費診療
メリット
  • 保険が適用される(治療費が安く済む)
  • 見た目が美しい
  • 咬み心地がいい
  • 経年による劣化が少ない
デメリット
  • 見た目が劣る
  • 経年により劣化しやすい
  • 最低限の機能回復しかできない
  • 保険が適用されない(治療費が高くなる)

セラミック治療の種類

オールセラミック 当クリニックでおすすめの治療法です。天然歯同様の色と光の透過性と優れた強度を持っています。また、金属アレルギーの方や最も審美性を求められる方に最適な治療法です。
メタルボンド 金属製のフレームにセラミックを焼き付けた被せものを用いた治療です。外観はセラミックのため見た目が自然で、内側が金属のため強度が高いという特長があります。
ハイブリッドセラミック セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を掛け合わせた素材でできた被せものに取り替える治療です。セラミックより審美性は劣るものの、十分自然な見た目を再現できます。また、しなりがあるため咬み合う歯を傷付けません。

ホワイトニングはこちらから

症例紹介

【審美歯科①】
オールセラミック

  • ページの上部へ

症例紹介

【審美歯科②】
オールセラミック

  • ページの上部へ

症例紹介

【審美歯科③】
オールセラミック

  • ページの上部へ

症例紹介

【審美歯科④】
オールセラミック

  • ページの上部へ

症例紹介

【審美歯科⑤】
歯周治療+メタルボンドで審美的修復した症例

初診時

治療後
  • ページの上部へ

症例紹介

【審美歯科⑥】
歯周治療+インプラント(上顎)+ハイブリッドセラミックブリッジ+デンチャー(下顎)で審美的改善を行った症例

初診時

治療後
  • ページの上部へ

歯の黄ばみが気になる・・・

白い歯は、健康的で若々しく見えるもの。人の印象を左右する口元ですから、白い歯に憧れる方も少なくないでしょう。しかし、きちんとブラッシングをしていても、遺伝や加齢、色の濃い飲食物などにより歯は黄ばんできてしまうもの……。黄ばんだ歯を白くしたい場合には、歯科医院での施術が必要。そこでおすすめなのがホワイトニングです。

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、薬剤を使って歯の黄ばみの元となる色素を分解し、白い歯を取り戻す、いわば歯の漂白。ホワイトニングには、歯科医院で施術を受ける「オフィスホワイトニング」と、自宅で手軽に行える「ホームホワイトニング」の2種類の方法があります。

オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
歯のクリーニング(PMTC)後、高濃度の薬剤を歯に塗布。そこへ特殊な光を照射して薬剤を活性化させ、歯の黄ばみの元となる色素を分解して歯を白くする方法です。一度の施術(1時間程度)で効果があらわれ、さらに数回施術を行えば、理想の白さが手に入ります。色の後戻りが早いことがデメリットですが、手間がかからず安全に施術できます。結婚式や面接などのイベントを間近に控えている方におすすめです。 歯のクリーニング(PMTC)後、患者様専用のマウスピースを作製。ご自宅での方法をご説明し、マウストレーと薬剤をお持ち帰りいただきます。その後ご自宅でマウストレーに低濃度の薬剤を注入し、お口に装着して歯を白くする方法です。効果があらわれるまで3週間程かかりますが、白さが長持ちします。好きな時間に好きな場所で、手軽に施術できることがメリット。通院する時間がない方におすすめです。

当院ではこの2つの方法を併用する「デュアルホワイトニング」をおすすめしております。速効性の高いオフィスホワイトニングと、持続性が高いホームホワイトニングを掛け合わせることで、効率よく白い歯を維持できます。

白い歯を維持するために

ホワイトニングの効果を持続させるためには定期的な再施術が必要ですが、メインテナンスも必要。歯への着色を予防するために、歯科医院でクリーニングを受けるほか、日頃からコーヒーや紅茶、赤ワイン、カレーなど、色素の強い飲食物を口にしたときにはすぐに口をすすぐ習慣を付けましょう。また、タバコのヤニも歯を変色させる原因。できるだけ喫煙を控えましょう。

ホワイトニングの料金表

デュアルホワイトニング 片顎 ¥30,000(税抜)
上下顎 ¥46,000(税抜)
ホームホワイトニング 片顎 ¥23,000(税抜)
上下顎 ¥38,000(税抜)
ホワイトニングジェル追加(1本) ¥2,500(税抜)
オフィスホワイトニング
(1DAYホワイトニング)
1歯 ¥4,000(税抜)
2歯 ¥7,000(税抜)
3歯(同一顎) ¥10,000(税抜)
4~6歯(同一顎) ¥15,000(税抜)
7歯以上(同一顎) ¥20,000(税抜)

(例)上顎2歯、下顎3歯に施術する場合

¥7,000(2歯)+¥10,000(3歯)=¥17,000(税抜)

症例紹介

【ホワイトニング治療①】
ホームホワイトニング

  • ページの上部へ

症例紹介

【ホワイトニング治療②】
オフィスホワイトニング

  • ページの上部へ